FC2ブログ

あっとほ~むなバイク屋の日記

東海市名和町に店を構える『バイクファクトリー』のブログです。
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月

新型セロー発表!

約1年の空白期間を経て、本日ついにセロー250がラインナップに戻ってきました!

昨年の夏の排ガス規制に対応出来ず、やむを得ず一時的にラインナップ落ち…。

新型のセローはどうなるのか?
巷では色々な噂が流れていましたね。


『空冷のままでは厳しいから、水冷にするんじゃないの?』


『いやいや、水冷にしたら重くなってコストも掛かるし、
空冷のままオイルクーラーでも付けるんじゃない?』


『まあ、どっちにしてもABSは付けるでしょ。』

などなど。


では実際、本日発表になった新型セローはどう変わったかと言いますと…。


まずは写真をご覧ください(笑)
serow_color_001_2018_001.jpg

結果、空冷エンジンのまま、オイルクーラーは付けず、ABSも搭載しないという、
前モデルに非常に近いかたちでの発売となりました。

新型セローの発表を楽しみにしていた方の中には、
全面刷新のフルモデルチェンジを期待していた方もいるかもしれませんが、
個人的には、前モデルから大きく変えることなく厳しい排ガス規制を通してきたのは評価したいと思っています!

なんてったってセローは、軽さと乗りやすさが売りのバイクですからね!

前モデルの完成度が非常に高かったのに、
フルモデルチェンジでそのバランスを崩してほしくないな…と思っていましたから。

ただ、「マイナーチェンジ程度に抑えるなら、
もっとブランク期間を短く出来たんじゃないの?」とも思います(笑)


以下が前モデルと新型モデルとの違いです。

           2017年モデル         2018年モデル

   車両重量: 130kg              133kg
舗装平坦路燃費: 40.0km/L(60km/h)       48.4km/L(60km/h)
    圧縮比: 9.5:1              9.7:1
   最高出力: 14kW(18PS)/7,500r/min    14kW(20PS)/7,500r/min
  最大トルク: 18N・m/6,500r/min      20N・m/6,000r/min
燃料タンク容量: 9.6L               9.3L
 テールランプ: 12V,21/5W×1          LED

リアフェンダーはロングタイプに変更。

価格は53,000円アップの、税抜523,000円となっております。

カラーは、グリーン・ブルー・オレンジの3色展開です。

serow_color_003_2018_001.jpg


serow_color_002_2018_001.jpg

当店では早速、ブルーとオレンジの予約を入れました!

発売日の8月末頃に入荷する予定です。

新型セローのご予約お待ちしております!
スポンサーサイト



「YZシリーズ」2019年モデル発表

突然ですが、皆さま今年のお盆休みはどう過ごされるでしょうか?

個人的なお話をすれば、ここ5年間ぐらいは毎回モトクロスの遠征に行ってました。
関西、北陸、東北、レースだったり練習だったり。
そんな過ごし方も楽しいですが、今年は今までとは少し違った過ごし方を!

今年のお盆休みは、北海道ツーリングに行ってきます♪

当店のお客様達と、道内を1周してきたいと思っています!

そして本日は、出発日のちょうど2ヶ月前。
北海道まではフェリーを使っての移動となりますので、
チケットを取らないといけませんが、これがかなりの激戦!

出発日の2ヶ月前の朝9時からチケットの予約開始になりますが、
予約開始と同時にチケットを取るつもりでいないと、
ウカウカしていたら枠が直ぐに埋まります(T_T)

ということで、今日は朝の8時45分からパソコンに張り付いて、
静かに勝負の時が来るを待っていました(笑)


結果は…なんとかチケット奪取!
(奪ってはいないけどね 笑)


9時と同時に一気にアクセスが集中してサーバーがパンク気味になり、
なかなかアクセス出来なくて焦りましたが、9時3分にチケットの申し込みが完了!
9時5分には枠が埋まっていました((((;゚Д゚)))))))


ちなみに今回は行きの分の予約だけですので、
まだ帰りの分のチケットを取らなくては…。

結構精神的に疲れます(*´-ω-`)・・・フゥ




さて、本題に入ります(笑)
先日ヤマハからモトクロス競技用「YZシリーズ」と、
エンデューロ向け競技用モデル「YZ-Xシリーズ」の2019年モデルが発表になりました!

その中でも、フルモデルチェンジをして大幅に戦闘力が向上した3機種を紹介します。



昨年YZ450Fがフルモデルチェンジになり、
1年遅れてフルモデルチェンジになったYZ450FX
yz450fx_fmap.jpg
ベースはYZ450Fと共通化しつつ、細部はエンデューロ用にチューニングされています。



セルフスターターを搭載した新設計エンジンが話題のYZ250F。
yz250f_fmap.jpg
転倒やエンスト後の再始動も、セルがあれば楽々ですね!

来年はこのYZ250Fをベースとした新型YZ250FXが登場してくるはずです。



モトクロス業界の未来を担うジュニアライダーだけでなく、
女性ライダー、小柄な男性ライダーなど幅広いターゲット層を持つYZ85。
yz85_lw_fmap.jpg


競技用モデルのため受注生産となっていますので、
6月7日~12月9日までの期間内にご予約お願いします。


個人的にはYZ125Xか、YZ250Fか、どっちを買おうか迷いますね~。
エンデューロ車も欲しいし、モトクロッサーも今は1台も保有してないし…。







よし! 

両方買うか!笑