FC2ブログ

あっとほ~むなバイク屋の日記

東海市名和町に店を構える『バイクファクトリー』のブログです。
2019年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年02月
TOP ≫ CATEGORY ≫ バイク
CATEGORY ≫ バイク

充電男子、はじめます!

先月の「充電男子」の記事で、
ヤマハが新型の電動スクーターを発売しました! というお話をさせてもらいましたが、
我が家も充電生活をはじめるべく、自家用兼、試乗車としてE-Vinoを1台購入しました!

DSC_0107 (1024x768)
回生ブレーキが付いていないため、
スロットルをオフにしても自然にはブレーキが掛からないので、
普通のスクーターとは違った乗り味になっています。

逆に言えば、『どれだけスロットルを早くオフに出来るか』 が、
航続距離を伸ばす鍵だと思います!


気になる方は是非とも試乗にいらしてください。

試乗車を置いている店は少ないので、たくさん試乗して当店の宣伝をしてくださいね♪






それともう1つ!

今更ながら、現在中古車セールを開催中です!

期間はシルバーウィーク最終日の9/23まで。

期間中、軽二輪以上の中古車をお買い上げの方は、納車整備費用を無料サービス

軽二輪なら16,200円分、小型二輪は21,600円分サービス!




高年式で程度の良い車両も入荷していますので、
是非ともご購入、ご紹介よろしくお願いします


2010年式 バンディット1250F ABS     2006年式 ZRX400
DSC_0100 (500x374) DSC_0103 (500x376)

充電男子

ネイキッド派のあなたに朗報です!


今一番勢いのあるヤマハから、250㏄ネイキッドスポーツモデル『MT-25』と、
MT-25とフレームは共用で、320㏄のエンジンを搭載した『MT-03』が発売されます!


本日は、そのMTシリーズの内覧会がありましたので参加してきました。
DSC_0056 (1024x768)

MT-25&MT-03がどういうバイクか説明しますと…
ご存知の方も多いと思いますが、簡単に言うと
YZF-R25』及び『YZF-R3』のノンカウルバージョンといったところです。

DSC_0060 (1024x768)

フレーム、エンジンはYZFシリーズと共通ですが、ぱっと見は全く別物のバイク。

もちろん、ただカウルを外したバイクというだけでは味気ないので、
そこは色々と創意工夫がなされています。

DSC_0061 (1024x769)
まあ後からのアングルはソックリだけどね…( ̄▽ ̄;)


DSC_0052 (1024x767)

最近のトレンドでもある異型ヘッドライトを採用して、精悍な顔つきに!

DSC_0053 (1024x767)
光っているのはポジションランプ。もちろんLED♪


DSC_0058 (1024x766)
バーハンドル化して、ハンドルポジションがYZFシリーズと比べて、
手前に19㎜』、『上方に39㎜』移動。

その恩恵により、かなりアップライトなライディングポジションになっています。

YZFシリーズも前傾のキツいライディングポジションではありませんでしたが、
より乗り手を選ばない、扱いやすいバイクに仕上がっていると思います!


DSC_0051 (1024x765)
バーハンドルするにあたって、ハンドルの切れ角を確保するために、
タンクカバーに逃げが作ってあります。

個人的には、これが良いアクセントになっていると思います♪


DSC_0063 (1024x768)

カウルが無いのでラジエターがむき出しですが…
その代わりにアンダーカウルを新たに装備!

DSC_0064 (1024x767)

アシストグリップもプラスで装備しています!
DSC_0055 (1024x767)


カラーは写真に写っている2色(ブラックとマットシルバー)+レッドの合計3色。

来週中にリリース発表があり、発売は10月頃の予定です。


気になる価格は、予価ではありますが
『MT-25』が523,800円(税込)、
『MT-03』が556,200円(税込)となっています。


当店も、最低1台は展示車として仕入れる予定ですのでお楽しみに!




そしてもう1つ!

内覧会と同時開催で、
電動スクーターの講習会&試乗会がありましたので、そちらにも参加してきました。
DSC_0066 (1024x767)
この可愛らしいデザインのバイク、その名も『E-Vino
ヤマハのベストセラーモデルの『Vino』と車体のベースは同じです。


DSC_0070 (1024x768)
車体左側の黒いケースの中にあるのが、動力源のDCモーター。


DSC_0068 (1024x768)
シート下にリチウムイオン電池を搭載しており、
空いたスペースには、スペアバッテリーを収納できるようになっています。

スペアバッテリーを収納しない場合は、
小物入れとしても使えます。(半ヘル程度なら入るかな…)


DSC_0069 (1024x768)
バッテリーの取り外しはとっても簡単♪
カバーをあけて、プラグを緩めて外すだけ!

ただし、バッテリーの持ち運びには注意が必要です。
なぜなら重量が6㎏もあるからです( ̄へ ̄|||)


DSC_0071 (1024x768)
Vinoにはありませんが、E-Vinoにはドリンクホルダーがあります!

収納スペースがほとんど無いので、これは結構便利です。(小物入れとしても使えるしね♪)


DSC_0073 (1024x768)
でもって、操作の方法もとっても簡単!

キーをONにして、
標準モード』と『パワーモード』のどちらかを選んで、
後はアクセルを捻るだけ!

加速したい時や、登り坂などで活躍する『ブースト機能』もあります。
(ブーストボタンを押すと一時的にパワーUPするんですよ! おもしろいでしょ!?)


最高速は、標準モードで約30㎞/h、パワーモードで約45㎞/h


満充電での航続距離は、標準モードで走り続けて、カタログ上で29㎞

実際に公道で、パワーモードを併用しながら走ったら、
20㎞前後といったところではないでしょうか?(適当な予想なので、実際はどうか知りません!笑)


充電時間は約3時間で、
気になる1回の充電あたりの電気代は約14円



価格は、普通の原付よりも少し高いだけの、236,520円(税込)

しかも今なら、最大で2万円の補助金が出ます!


買うなら今じゃないですか!?

良いお話お待ちしております!!



それと…
特にオススメでもなんでもないんですが、
もしお暇ならE-Vinoのサイトと併せて、充電男子というサイトもご覧ください!
イケメン(?)な男子が、疲れたあなたを充電してくれるらしいです!笑

ちなみに、僕も出てます!(嘘です!笑)











しかし…
DSC_0067 (1024x767)
マフラーがないと寂しい気分になるのは、僕だけでしょうか!?

まあ、ターゲットが女性だからあんま関係ないかな?笑

ヤマハウィーク

先日にセロー250に続き、
本日はバンディット1250Fにお乗りのF様MT-09 TRACERをご購入いただきました!


ヤマハ一押しの、レーシングブルーです。
color01_001zoom_201507190114324f9.jpg

トレーサーといえば、トルクフルな3気筒も魅力ですが、
『LEDヘッドライト・メインスタンド・DC電源・トラコン装備』などといった、
充実機能も魅力ですよね。

詳しくは、ヤマハのHPをご覧ください。凄いですから!

僕もあまりの充実機能振りに、ヨダレが止まらなかったですから!(汚いなぁ!笑)





F様、本日はどうもありがとうございました
当店ツーリングの方もよろしくお願いします♪

是非とも新型車を見せびらかしに来てください(笑)






さてさて、最近はヤマハ車の売れ行きが好調ですが、
スズキ車があまり売れてませんね…

個人的には、GSRシリーズとか、Vストロームシリーズは、
魅力的なバイクだと思うんだけどな…


スズキウィークもカモン!!

“限定”ってつくと弱いよね

ほうこくー!

本日、当店のツーリングにも参加してくださる、ZRX400にお乗りの O様
セロー250 30th Anniversary Special Edition をご購入いただきました!
exterior01_001.jpg
“アクティブ・カジュアル・アウトドア”をコンセプトとする専用カラー&専用グラフィックを採用した30周年記念モデルです!

しかも、2015年3月12日~10月末日までの受注期間限定生産です。



今までは、ZRX400を軽やかに乗りこなしていたO様ですが、
僕の勝手な思い込みで、てっきり、
ガンガンに走るロードスポーツにしか興味が無いのかと思っていましたが、
「実はのんびり走れるバイクが好きで、林道ツーリングにも興味がある♪」とのことで、
たまたまご来店されてた佐々治様(RMX250SとYZ125乗り)と僕のテンションはMAXに!


なんせ僕等は、『どうすればオフ乗りが増やせるのか』 というのをテーマに、
日夜研究を重ね、熱い議論を交わし、
時にはヒートアップし過ぎて取っ組み合いのケンカをしながらも、
「夢の実現に向けて頑張っていこう!」 と先日話したばっかりですからね!
(いささか、誇張し過ぎのような気もしますが…笑)


まあ、議論を重ねて辿り着いた結論というのが、
『キャピキャピしたカワイイ女の子がいれば、手っ取り早く増やせるんじゃない!?』
という、実に浅はかで中身の無い議論ではあったんですが(笑)






…話が横道に逸れましたね、
まあそんなわけで、林道に興味があるならツーリングセローにした方がいいので、
下の4つのパーツも一緒に取り付けちゃいます♪


アドベンチャースクリーン          ブラッシュガード
feature01_001.jpg    feature02_001.jpg



アドベンチャーリアキャリア          アルミアンダーガード
feature03_001.jpg    feature04_001.jpg


ちなみにツーリングセローとは、
上記の4点の専用アクセサリーパーツを取り付けた特別仕様のことで、
別売りだとパーツ4点の合計金額は81,756円するのですが、

新車と同時購入なら(というか新車と同時購入じゃないと、セットで購入できないんですが)
なんと、51,840円で取り付けることができる、とってもお得なパッケージなのです。

しかも、取り付け工賃込みですからね!

2点以上付けたいものがあれば、セットで購入した方がいいと思います。



ではでは、納車までもうしばらくお待ちください。

充実装備のセローで、林道ツーリングに行きましょうね♪

2010年式 セロー250 FI

ポカポカ陽気で非常に過ごしやすい毎日ですが、気持ちの良い天気が続くと、
眠気と戦いながら仕事をしないといけないので大変です(笑)

バイクシーズンというのは短いので、今の時期にバンバン走って、
じゃんじゃんタイヤ交換やらオイル交換に持ってきてくださいね( ̄∇ ̄)v




さてさて、今回は日記というよりは宣伝です( ̄▽ ̄;)


当店のオフロードメンバー拡大に向けて、オフ車を1台仕入れました!

そのバイクとは記事のタイトルにもあるように、セロー250 (FI)
DSC_0709 (1024x768)


2010年式  走行距離わずか949㎞
DSC_0713 (1024x768)


バッテリーは新品が付いています!
DSC_0715 (1024x766)


シュラウドのグラフィックが、個人的にはツボです♪
DSC_0711 (1024x768)


ホイールのリムに若干腐食があるのが残念(´・ω・`)
DSC_0710 (1024x768)
現行のセローはゴールドリムだったり、オレンジリムだったりしますが、
オフロードを走るならシルバーリムが一番無難です。

理由は色が剥げないから!

といっても、僕のモトクロッサーは赤リムを履いているけれども…



ちなみに金額は、車両価格:388,000円(税込)の予定です。

結構お買い得な金額だと思いますよ!




オフに興味がある方は、セローを買って一緒にオフロード&林道を走りに行きましょう!!
(ちなみに5月の中旬頃に、愛知県内某所の河川敷に走りに行く予定です…)

ビビッと来たアナタは今すぐお電話を!笑



バイクファクトリー:052-601-8761










さて、話はガラッとかわって、御礼も兼ねてのご報告!

に~みさんにご紹介いただいたS様のニンジャ400Rが
無事オークションで落札できました。(オークションといっても、ヤフオクじゃないですからね 笑)
DSC_0716 (1024x767)
どうもありがとうございましたm(__)m




そんなわけで、土曜日の納車に向けて整備をしていますが、
整備性の良さにビックリしながら作業を進めています。
DSC_0717 (1024x768)
タンクはすぐ外せるし、プラグの交換も比較的簡単だし、
他メーカーももう少し楽に作業できるように考えてよ… (特にホンダ…)


土曜日の納車楽しみにしててくださいね(*・∀-)☆