あっとほ~むなバイク屋の日記

東海市名和町に店を構える『バイクファクトリー』のブログです。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 充電男子TOPバイク ≫ 充電男子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

充電男子

ネイキッド派のあなたに朗報です!


今一番勢いのあるヤマハから、250㏄ネイキッドスポーツモデル『MT-25』と、
MT-25とフレームは共用で、320㏄のエンジンを搭載した『MT-03』が発売されます!


本日は、そのMTシリーズの内覧会がありましたので参加してきました。
DSC_0056 (1024x768)

MT-25&MT-03がどういうバイクか説明しますと…
ご存知の方も多いと思いますが、簡単に言うと
YZF-R25』及び『YZF-R3』のノンカウルバージョンといったところです。

DSC_0060 (1024x768)

フレーム、エンジンはYZFシリーズと共通ですが、ぱっと見は全く別物のバイク。

もちろん、ただカウルを外したバイクというだけでは味気ないので、
そこは色々と創意工夫がなされています。

DSC_0061 (1024x769)
まあ後からのアングルはソックリだけどね…( ̄▽ ̄;)


DSC_0052 (1024x767)

最近のトレンドでもある異型ヘッドライトを採用して、精悍な顔つきに!

DSC_0053 (1024x767)
光っているのはポジションランプ。もちろんLED♪


DSC_0058 (1024x766)
バーハンドル化して、ハンドルポジションがYZFシリーズと比べて、
手前に19㎜』、『上方に39㎜』移動。

その恩恵により、かなりアップライトなライディングポジションになっています。

YZFシリーズも前傾のキツいライディングポジションではありませんでしたが、
より乗り手を選ばない、扱いやすいバイクに仕上がっていると思います!


DSC_0051 (1024x765)
バーハンドルするにあたって、ハンドルの切れ角を確保するために、
タンクカバーに逃げが作ってあります。

個人的には、これが良いアクセントになっていると思います♪


DSC_0063 (1024x768)

カウルが無いのでラジエターがむき出しですが…
その代わりにアンダーカウルを新たに装備!

DSC_0064 (1024x767)

アシストグリップもプラスで装備しています!
DSC_0055 (1024x767)


カラーは写真に写っている2色(ブラックとマットシルバー)+レッドの合計3色。

来週中にリリース発表があり、発売は10月頃の予定です。


気になる価格は、予価ではありますが
『MT-25』が523,800円(税込)、
『MT-03』が556,200円(税込)となっています。


当店も、最低1台は展示車として仕入れる予定ですのでお楽しみに!




そしてもう1つ!

内覧会と同時開催で、
電動スクーターの講習会&試乗会がありましたので、そちらにも参加してきました。
DSC_0066 (1024x767)
この可愛らしいデザインのバイク、その名も『E-Vino
ヤマハのベストセラーモデルの『Vino』と車体のベースは同じです。


DSC_0070 (1024x768)
車体左側の黒いケースの中にあるのが、動力源のDCモーター。


DSC_0068 (1024x768)
シート下にリチウムイオン電池を搭載しており、
空いたスペースには、スペアバッテリーを収納できるようになっています。

スペアバッテリーを収納しない場合は、
小物入れとしても使えます。(半ヘル程度なら入るかな…)


DSC_0069 (1024x768)
バッテリーの取り外しはとっても簡単♪
カバーをあけて、プラグを緩めて外すだけ!

ただし、バッテリーの持ち運びには注意が必要です。
なぜなら重量が6㎏もあるからです( ̄へ ̄|||)


DSC_0071 (1024x768)
Vinoにはありませんが、E-Vinoにはドリンクホルダーがあります!

収納スペースがほとんど無いので、これは結構便利です。(小物入れとしても使えるしね♪)


DSC_0073 (1024x768)
でもって、操作の方法もとっても簡単!

キーをONにして、
標準モード』と『パワーモード』のどちらかを選んで、
後はアクセルを捻るだけ!

加速したい時や、登り坂などで活躍する『ブースト機能』もあります。
(ブーストボタンを押すと一時的にパワーUPするんですよ! おもしろいでしょ!?)


最高速は、標準モードで約30㎞/h、パワーモードで約45㎞/h


満充電での航続距離は、標準モードで走り続けて、カタログ上で29㎞

実際に公道で、パワーモードを併用しながら走ったら、
20㎞前後といったところではないでしょうか?(適当な予想なので、実際はどうか知りません!笑)


充電時間は約3時間で、
気になる1回の充電あたりの電気代は約14円



価格は、普通の原付よりも少し高いだけの、236,520円(税込)

しかも今なら、最大で2万円の補助金が出ます!


買うなら今じゃないですか!?

良いお話お待ちしております!!



それと…
特にオススメでもなんでもないんですが、
もしお暇ならE-Vinoのサイトと併せて、充電男子というサイトもご覧ください!
イケメン(?)な男子が、疲れたあなたを充電してくれるらしいです!笑

ちなみに、僕も出てます!(嘘です!笑)











しかし…
DSC_0067 (1024x767)
マフラーがないと寂しい気分になるのは、僕だけでしょうか!?

まあ、ターゲットが女性だからあんま関係ないかな?笑
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
電動スクーターの時代がそろそろ来そうですね。
航続距離やパワーではまだまだガソリンエンジンには及ばないけど、国内メーカーが開発・販売競争に突入すれば、性能が飛躍的に良くなって、かつて2サイクルばかりだった原付スクーターが4サイクル化したように、今度は電動スクーターだらけになるかもしれません。

その流れで大型スクーターも徐々に電動化が進み、スクーター以外のバイクも電動モーター搭載のモデルが出てくるのでしょう。


と、未来予想してみたけどどうかな?
5年後、10年後はどんなバイクがB'ファクトリーの店先に並んでるのか、楽しみだね。
2015年08月25日(Tue) 19:48
Re: あわ
編集
> 電動スクーターの時代がそろそろ来そうですね。
> 航続距離やパワーではまだまだガソリンエンジンには及ばないけど、国内メーカーが開発・販売競争に突入すれば、性能が飛躍的に良くなって、かつて2サイクルばかりだった原付スクーターが4サイクル化したように、今度は電動スクーターだらけになるかもしれません。
>
> その流れで大型スクーターも徐々に電動化が進み、スクーター以外のバイクも電動モーター搭載のモデルが出てくるのでしょう。
>
>
> と、未来予想してみたけどどうかな?

近い将来必ずそうなると思います。
それが時代の流れです…味気ない気もしますが…


> 5年後、10年後はどんなバイクがB'ファクトリーの店先に並んでるのか、楽しみだね。

10年後には、店自体が2階建ての豪華な建物になってるかも知れませんよ(笑)
2015年08月29日(Sat) 09:57












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。