FC2ブログ

あっとほ~むなバイク屋の日記

東海市名和町に店を構える『バイクファクトリー』のブログです。
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOPスポンサー広告 ≫ 試乗会とミーティングTOP雑記 ≫ 試乗会とミーティング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

試乗会とミーティング

昨日のパールロードツーリングは、雨の影響で中止に(´・д・`)

この寒い時期に11名も集まっていただいたのに、とても残念です…


ただ、こればっかりは仕方の無いことなので、
落ち込まずに気持ちを切り替えるのが大切ですね(*・∀-)☆
(ったく誰だよ! 雨男、雨女なのは…ボソボソ)



せっかく計画した企画がおじゃんになるのは悲しいので、
来月の15日にそのままスライドさせたいと思います。

今から3週間後であれば日も長くなっているので、
防寒対策さえしっかりしていただければ楽しく走れるでしょう♪


また再度ご連絡させていただきますので、よろしくお願いします。




ということでツーリングの話は以上にして、
先週1週間の活動内容を書いておきます。(一応日記なのでね…)




まず、17日の火曜日。


この日は、先日スズキが発表した、
新型アドレスの販売店向け試乗会がありましたので、
豊田スタジアムまで行ってきました。
DSC_0603 (1024x768)


アジアンテイスト満載なデザインは
好みの分かれるところでしょうが、走行性能はピカイチ☆
DSC_0601 (1024x767)


新開発のSEP(スズキ・エコ・パフォーマンス)エンジンを搭載しており、
燃費性能と走行性能を両立させた完成度の高いバイクに仕上がっています!


旧アドレスと比べても、燃費性能ではWMTCモード値で約20%の燃費アップ!

走行性能でも、低速での加速こそ劣りますが、最高速は5㎞/hほど速くなっています!


車両重量は、国産原付2種スクーター最軽量の97㎏で扱い易さも魅力の一つ!


ちなみにこれは余談かもしれませんが、
何故ギリギリ一杯の124㏄ではなくて、112㏄という中途半端な排気量なのかというと、
110㏄前後という排気量が、フリクションロス低減という観点からみると一番最適だからです。

徹底的なエンジンの軽量化とフリクションロス低減により、
アイドリングストップを搭載しないでも、高い燃費性能を実現しています!



対抗馬となるDIO110とも比較してみましたが、性能差は歴然!



同じ排気量とは思えないぐらいに走行性能に違いがあります。


DIO110も今春に新型にモデルチェンジする予定なので、
どこまで性能を上げてくるか、楽しみなライバル車でもあります!


価格はクラス最安値となる、205,200円(税込)

安いからといって勘違いしないで欲しいのは、
安かろう悪かろうというバイクでは無いということです!!


買い替え、ステップアップをお考えの方は是非一度ご検討ください。

コストパフォーマンスの高いバイクに仕上がっていますので!









…ってあれ? 日記のはずが宣伝になってしまった(笑)






そんでもって、19日の木曜日には名駅の逓信会館で、
ヤマハスポーツ店ミーティング ニューモデル説明会がありましたので
参加してきました。


会場内には今春発売予定の車両が展示されており、
中でも特に目を引いたのが MT09 TRACERYZF-R3



トレーサーの魅力はなんといっても、MT09のヤンチャなエンジンはそのままで、
快適性・利便性・機能性が大幅にアップしている点でしょう!


多機能マルチファンクションメーター、DCソケット、
フロントカウルの装備(3段階で調整可能なスクリーン)、LEDヘッドライト、
18リットルのビッグな燃料タンク、ON/OFFの選択が可能なトラコン、etc…


137,000円の価格差でこれだけ装備を充実させられるのは、驚きしかありません!






R3は、R25の車体ベースはそのままで、排気量を70㏄アップさせたモデル。

もちろん排気量アップに伴い、吸排気系、ECU、冷却装置は若干変更されています。

また、性能アップに伴い、
よりハイグリップなタイヤを装着し、ABSが標準装備になっています。


車両重量はR25からわずか1㎏増の、169㎏

最高出力は、他社の400㏄スポーツに引けをとらない42馬力


パワーウェイトレシオ(出力重量比)の観点からみれば、R3は (4.02) なので
CBR400R (4.21) やNINJA400 (4.79) より加速性能では上回っていそうですね!




R25は、日本やインドネシアなどの限られた国でしか販売していないバイクですが、
R3は、アメリカやヨーロッパ各国でも販売されているグローバルモデルです。


つまり日本は、R25とR3を乗り比べられる、数少ない国の一つだということです!
(察しのいい方は分かると思いますが、R25に物足りなさを感じたら買い換えてよっていうことです 笑)




会場内は撮影禁止でしたので、特にこれといったお土産はないんですが、
開発に携わった方々の話しは、営業トークに大いに役立ちそうです!
(そういった話しはカタログには載ってないですからね)

まあ、写真無しでは寂しいので、
普段着ることのないスーツ姿を貼っておきます(*・∀-)☆

僕のファン必見の貴重なショットですよ(笑)
DSC_0605 (766x1024)
スポンサーサイト

Comment

編集
ツーリング中止は残念でした。でも雨あんま降らなかったね。バイクで出かけようかと思ったけど、結局家でゴロゴロしてました。

試乗会に新型車説明会、ええ仕事やなぁ。ワシも仕事でこんな出張があったら喜んで行くのに(^^
R3はR25オーナーから見ると興味深そうだね。
今どっちかが欲しいと思ってる人にとっては、パワーを取るか維持費を取るかが悩みどころかな。

最後のショットは・・・着慣れてない感が良いと思います(困惑)

2015年02月26日(Thu) 00:43
編集
R3はあえて400ではないのですね。
YAMAHAのこだわりを感じます。
スーツ姿もカッコいいですよ(^_^)v
2015年02月26日(Thu) 21:36
Re: あわ
編集
> R3はR25オーナーから見ると興味深そうだね。
> 今どっちかが欲しいと思ってる人にとっては、パワーを取るか維持費を取るかが悩みどころかな。
セカンドバイクならR25
メインで1台持つならR3でしょうかね!



> 最後のショットは・・・着慣れてない感が良いと思います(困惑)
初々しくて可愛いってことですね! ありがとうございます(笑)
2015年03月01日(Sun) 14:20
Re: に~み
編集
ヤマハが4気筒400のフルカウル出してくれたら、80万でも90万でも買うんですけどね…

ただ万人受けはしないでしょうから、現実的には難しいでしょうね。


> スーツ姿もカッコいいですよ(^_^)v
照れますなぁ(*/∇\*)
2015年03月01日(Sun) 14:26












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。