FC2ブログ

あっとほ~むなバイク屋の日記

東海市名和町に店を構える『バイクファクトリー』のブログです。
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 雑記
CATEGORY ≫ 雑記
       次ページ ≫

「YZシリーズ」2019年モデル発表

突然ですが、皆さま今年のお盆休みはどう過ごされるでしょうか?

個人的なお話をすれば、ここ5年間ぐらいは毎回モトクロスの遠征に行ってました。
関西、北陸、東北、レースだったり練習だったり。
そんな過ごし方も楽しいですが、今年は今までとは少し違った過ごし方を!

今年のお盆休みは、北海道ツーリングに行ってきます♪

当店のお客様達と、道内を1周してきたいと思っています!

そして本日は、出発日のちょうど2ヶ月前。
北海道まではフェリーを使っての移動となりますので、
チケットを取らないといけませんが、これがかなりの激戦!

出発日の2ヶ月前の朝9時からチケットの予約開始になりますが、
予約開始と同時にチケットを取るつもりでいないと、
ウカウカしていたら枠が直ぐに埋まります(T_T)

ということで、今日は朝の8時45分からパソコンに張り付いて、
静かに勝負の時が来るを待っていました(笑)


結果は…なんとかチケット奪取!
(奪ってはいないけどね 笑)


9時と同時に一気にアクセスが集中してサーバーがパンク気味になり、
なかなかアクセス出来なくて焦りましたが、9時3分にチケットの申し込みが完了!
9時5分には枠が埋まっていました((((;゚Д゚)))))))


ちなみに今回は行きの分の予約だけですので、
まだ帰りの分のチケットを取らなくては…。

結構精神的に疲れます(*´-ω-`)・・・フゥ




さて、本題に入ります(笑)
先日ヤマハからモトクロス競技用「YZシリーズ」と、
エンデューロ向け競技用モデル「YZ-Xシリーズ」の2019年モデルが発表になりました!

その中でも、フルモデルチェンジをして大幅に戦闘力が向上した3機種を紹介します。



昨年YZ450Fがフルモデルチェンジになり、
1年遅れてフルモデルチェンジになったYZ450FX
yz450fx_fmap.jpg
ベースはYZ450Fと共通化しつつ、細部はエンデューロ用にチューニングされています。



セルフスターターを搭載した新設計エンジンが話題のYZ250F。
yz250f_fmap.jpg
転倒やエンスト後の再始動も、セルがあれば楽々ですね!

来年はこのYZ250Fをベースとした新型YZ250FXが登場してくるはずです。



モトクロス業界の未来を担うジュニアライダーだけでなく、
女性ライダー、小柄な男性ライダーなど幅広いターゲット層を持つYZ85。
yz85_lw_fmap.jpg


競技用モデルのため受注生産となっていますので、
6月7日~12月9日までの期間内にご予約お願いします。


個人的にはYZ125Xか、YZ250Fか、どっちを買おうか迷いますね~。
エンデューロ車も欲しいし、モトクロッサーも今は1台も保有してないし…。







よし! 

両方買うか!笑
スポンサーサイト



本日は勉強会

約1年振りの更新となってしまい申し訳ありません。

精力的にブログを更新していたかと思えば、
ある日を境にパタッと書かなくなってしまうという、
なんとも気分屋な僕です…( ̄ー ̄;

まあ、そんな気分屋な性格、あんがい自分では気に入っていますが(笑)
(↑少しは反省しろよ!笑)



さてさて、久しぶりの投稿のテーマですが、
本日はスズキ主催の若手経営者研修会に行ってきたので、その報告を。

今回が記念すべき第1回目!

これから定期的に開催される予定ですが、次回がいつ頃行われるのかはまだ未定。
(3ヶ月後とか半年後ならいいけど、まさか1年後とか言わないですよね…笑)


今回は株式会社スズキ二輪 濱本社長に講師として来ていただき、
今後の二輪業界についてお話いただきました。

お話のテーマの1つに、「SNSを活用した営業」というものがあり、
自分にとっては、実に耳の痛いお話でした…笑


インスタ、フェイスブック、ツイッター、…。

面倒臭がりの自分にはかなりハードルが高いですが、
まずはこのブログからしっかりと!





濱本社長と1枚
DSC_3578.jpg
お忙しい中ありがとうございました。

林道ツーリングの報告&ロードツーリング(4月30日)の連絡

昨年の初詣ツーリングの際に、
「今年は林道ツーリングに行きます!」と宣言して、
あれこれ林道を探して、なんとか開催までこぎつけたのがちょうど1年前の話…

詳しくはこちら↓
第1回林道ツーリング in 新城



あれからもう1年ですか~。
あの頃は若かったですね~(笑)

1年前は1人で探索に行くことに対して、とても不安を覚えていました。

パンクしないかな…途中でエンジン掛からなくなったりしないよな…とかね。


それが、回数を重ねれば意外と慣れてしまうもので、(←いいんだか、悪いんだか…)
ちょっとした工具だけ積んで、
ぷらっと出掛けるレベルで林道探索に行くようになりました。(マネはしない方がいいと思う…)


まあ今でも、探索中に人影が見えると恐くなって引き返す
ビビりな性格は相変わらずですが(笑)

えっ?
なんで恐いかって!?


いや~…、なんか怒られそうじゃん(笑)

「ここいら辺りは危ないぞ!」とかね。

そもそも1人でそんな危険なところは走らないんですが…笑




…と、まあ余談が長くなってしまいましたが、
今回はどんな林道ツーリングだったのかと言うと…


名づけて『ビッグオフで行く、さわやか林道ツーリング♪』
↑世間一般的にみて、「さわやか」かどうかは知りません(笑)

DSC_0868 (1024x768)

昨年アフリカツインをご購入いただいたT様に、
「林道走りに行きたいわ!」と言われたのが今回のきっかけ。

元々は4~5人で行く予定だったのですが、体調不良等もあり結局3人で行くことに。

ちょっと寂しいですが、これぐらいの人数でもいいのかな~と。

如何せん、アフリカツインの林道走破性は未知数なのです!
人数多くても面倒みきれないし…


走れんで、立ち往生したらどうしよう…┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

心配してても仕方が無いんですがね。

何とかするしかありませんし!



でもって今回の目的地は新城! 今回も新城!笑


まず1本目は比較的優しい林道で様子見…














…意外と走れる!


2本目、少し難易度の上がる道へ!














…全然問題なく走れる!!

しかもそこそこスピードも速い!
DSC_0870 (1024x768)
この2台、林道が似合うな~♪
DSC_0871 (1024x768)


これなら、ちょっとぬかるんでても大丈夫そうだな…3本目。
















…余裕で走破! ライダーのスキルも高いし!
DSC_0873 (1024x769)

まあ、だいぶ汚れたけどね(笑)
DSC_0872 (1024x768)


最後となる4本目は、今回の中でも一番気持ち良く飛ばせる林道へ!

多少のアップダウンはありますが、かなり走りやすい路面。

せっかくなので、前を走ってもらって、後ろからヘルカメで撮影することに。









…あれ!?











…ヤバイ! 2台とも速いぞ!





…ダメだ! なかなか追いつけん!













…置いてくな~。カメラに写らないじゃん…笑


ってな事もありつつ、無事最後の道も走破。


今までは先導していたので気付きませんでしたが、
上り坂はエンジンパワーで引き離されます。(僕は250㏄なので)


アフリカツインは新車時に装着されているロード寄りのタイヤを履いてましたが、
土の路面であれば、車重でタイヤが路面に吸い付いてくれるようです。


マシンの走破性の高さと、ライダーのスキルの高さに、ちょっぴりジェラシー(笑)


次回ビッグオフツーリングをやる時は、秘密兵器を引っ張り出してこないとな…




DSC_0869 (1024x766)
思っていた以上に、何事も無くツーリングを終えることが出来て、
安堵と同時に、また新たな発見・楽しみが出来て充実したツーリングでした。

アフリカツイン、おすすめですよ!笑


もちろん、Vストローム、スーパーテネレもよろしくお願いします(笑)







ツーリングの報告が長くなりましたね…


4月30日のロードツーリングの連絡です。

目的地は南信州・阿智村の花桃まつりです♪

そこそこ距離がありますので、行きは豊明IC~豊田松平ICまで高速を使います。
その後は、足助街道~飯田街道を通って目的地まで。

帰りはフルで高速を使います。


8時半出発でいきたいと思いますので、よろしくお願いします。

ではでは!






















ツーリングの報告に比べて、随分あっさりとした連絡だと自分でも思ってます(笑)



ツーリングの報告で力を…使い…果たし…ま……した……。

WEXウエスト 第3戦 inスラムパーク

お久しぶりです。
毎度毎度、この言葉でブログを書き始めなければならないことを、とても反省しています…笑

(↑改善するとは言っていない 笑)

さすがにそろそろ更新しないと、ブログの存在自体を忘れ去られてしまいそうなので、
今回は先週の日曜日に個人的に出場したレースの報告を書きたいと思います。


昨年、中部モトクロス選手権のNAクラスで年間ランキング6位になり、
NAクラス4年目にして、念願のIBクラスへ昇格を果たしました!

ですが、今のままのレベルではIBクラスでは全然通用しないので、
今年は別のジャンルのレースにも積極的に出場して
スキルアップを目指していこうと思っていました。
(NA=国内A級 IB=国際B級。 国内最高峰がIA=国際A級。)


そこで、今回出場を決めたのがWEX(エンデューロ)のレース。

WEXは、120分、90分、40分の3種類のレースがあり、
コース難易度が比較的やさしく、走行時間も短いため、
初級・中級ライダー向けのエンデューロレースです。

一応IBライダーではありますが、
本格的にエンデューロのレースに参戦するのは今回が初めてなので、
僕自身は中級者ぐらいの立ち位置でしょうか…
(ほんとは上級者と胸を張って言いたい!笑)


いまいち勝手が分からないため不安もありましたが、120分Bクラスにエントリー!


自分のレースは午後からでしたが、朝の7時前にスラムパーク瀬戸に到着し、
少し緊張しながらコースの下見やレースの準備、他のクラスの観戦をしますが
意外とのんびりとした雰囲気の中レースが進んでいきます。

スタート風景。
s_DSC_0769.jpg
まあ、僕自身は写っていませんが!笑
(当店のお客様のK君は写っています。)


終始リラックスムードの中でレースが進行していくので、
だんだんと走りたくてウズウズしてくるんですよ!

逆にモトクロスのレースでは
緊張で「レース中止にならんかな~…」といったマイナスの気持ちが出てくるので、
普段とは違った感覚で新鮮です!笑





90分クラス、40分クラスの順に進み、
昼休憩を挟んでいよいよ120分クラスのレーススタート!

前日の雨により、午前のクラスはコンディション不良でしたが、
午後からは回復してほぼベストコンディション!

120分クラスは他のクラスとは違い、
比較的難易度の高い林間セクションを走ります。


その林間セクションをいかにロスなくクリアするかが勝負のカギになるわけですが…

















1周目から林間セクションでスタック!!


林間セクションは日陰になっているため、
コンディションの回復が遅く、かなりスリッピーな路面!

焦ってライン選びを間違えて、なかなか抜け出せない泥沼状態に…


1周5分前後のラップタイムで帰ってこれるところが、
16分もかかってしまいました…\(^o^)/オワタ

序盤で崩れたリズムを立て直すのに時間が掛かり、
自分のペースを取り戻すのに1時間も費やしてしまいました。



後半はそこそこのタイムを刻んでいきましたが、
序盤に作った借金が大きすぎて下位に沈む結果に。

入賞を目標にしていましたが、
お土産はホイールに巻き付いたコーステープだけ…笑
s_DSC_0772.jpg

しかもゴーグルも壊れたし\(^o^)/オワタ
s_DSC_0770.jpg


ラップタイムと順位変動、結果です。
s_DSC_0810.jpg

ベストラップはそこそこのタイムなんですが、
エンデューロでは走る時間が長いので、
コンスタントにタイムを刻むことの方が重要なんですよね…

分かってはいるけど、それが難しい!


普段モトクロスコースでは経験することの出来ない、
貴重な経験をさせてもらいました。

自分の苦手な部分を再認識したので、
県内の某酷道で練習しないとですね(笑)


12月にもう一度スラムパークでレースがあるので、
必ずリベンジしたいと思います!

トレールバイクでも出場出来るので、興味のある方は是非ご一緒しましょう!


そして、今回のレース参加された方々、お疲れさまでした。


最後に、K君サポートありがとうございました。
お互いに次回以降のレースでリベンジをしましょう!

NEWモデル 『ジクサー』

いきなりですが、今年は各バイクメーカーの商品ラインナップがガラリと変わります!
それは、良い意味でも悪い意味でも…

なぜかというと、2016年~2017年にかけて新しい排ガス規制が適用になるからです。
(2016年~と書いていますが、新型車に関してはすでに規制が適用されています。)

新型車は2016年の10月1日から、継続生産車両に関しては2017年の9月1日に
新しい基準値に対応していないと生産出来なくなります。
(米国等の一部の国向けの車両は生産出来るが…)


継続生産車両のほとんどは、新しい排ガス規制に対応していないため、
燃焼効率向上、触媒の改善、出力制御などを行い継続生産するか、
そのまま生産終了とするかに分かれます。

当然、新しい排ガス規制に対応させるにはコストがかかるため、
人気のあり無しに関わらず、コストをかけて継続生産しても見合わないと
判断された車両は生産終了となるわけです。


昨年から生産終了モデルが続出しているのにはこういった背景があります。

ですので、『新車ならいつでも買えるでしょ!?』 と思っていたら、
『いつの間にか無くなっていた…』 という事にならないようにお気を付けください!




とまあ、暗い話題になってしまいましたが、今度は明るい話題を!

こっちが本題です(笑)


今年はなくなるバイクも多いですが、新しく出てくるバイクもたくさんあります!
メーカーだってちゃんと準備はしています(笑)


ブログでも順番に紹介していきたいと思っていますが、まず今回はこの車両!

スズキ・ジクサー

zikusa-.jpg
黒/赤ツートンカラー
メーカー希望小売価格:321,840円(税込)


ジクサー青
ジクサー黒
単色カラー
メーカー希望小売価格:316,440円(税込)


このジクサーというバイクは、元々はインドやASEAN向けに作られていました。

インドで13の部門でバイクオブザイヤーを受賞するなど非常に高い評価を受けています。

日本では馴染みのない、154㏄のミッション車という事もあり、
販売面・性能面で色々と未知数な部分も多いバイクですね。

まあ、逆に言うと楽しみでもあります♪



エンジンは、154ccの軽量コンパクトなロングストロークエンジン。

マフラーは、エンド部分がデュアル構造になっていて、他には無いデザインです。


車体部分は、装備重量が135kgと非常に軽量なつくりなんですが、
フロントフォークのインナーチューブ径が41φと、かなり太いものを採用しているため、
剛性と安定性は高いと思います。

他車と比較すると、R25が41Φ、ニンジャ250が38Φ、CBR250Rが37Φだったと思うので
排気量の割にかなりしっかりとしたフォークが付いている印象です。

ブレーキキャリパーもフロントは2ポットタイプなので制動力もバッチリ!
(もちろんリアもディスクブレーキ)


でもって、タンク容量が12Lもあり、リッター40km前後は走ると思うので
航続距離が軽く400kmを越えるという……凄い!


あと、センタースタンドが標準装備なのは、
整備する側としては本当にありがたいですね!笑



価格が安くて、低燃費で経済的で、高速や産業道路も走れる利便性!

何というか、凄く合理的なバイクというか…笑


セカンドバイクや通勤バイクとしても使い勝手が良いのでは!?

バイクデビューの方にとっても、敷居が低いバイクです!




本日ツートンカラーの展示車が1台入荷しましたが、(明日写真撮っておきます!笑)
次回以降の入荷分についてはバックオーダーとなりますので、
詳細な納期は今のところ未定です。


『今すぐに欲しい!』 という方は、黒/赤のツートンカラーをご契約ください!

よろしくお願いします。


P.S.
最後にどうでもいい豆知識ですが、
GSX-Rのことを、インドでは『ジクサー』と呼ぶらしいですよ!

なんでもそれが車種名の由来だとか(笑)